松枝尚嗣/堀井覚司公式サイト『松枝屋東京店』

日: 2013年8月14日

てれれーてれれー♫

「パシフィック・リム」観てきましたよ。
巨大特撮好きには“万難を排しても行かねばならない”映画ですから(笑)。

因みに行ったのは一昨日、月曜日です。
忙しくなってきそうなのでその前に、というのと、早めに観ないと小さい箱にどんどん移されてしまいそうで(苦笑)。

てな訳で、近所のシネコンのレイトショーに予約してのんびりしていた月曜日の夕方だったのですが、そこに事態が一変させる出来事が!

某元担当O野氏から電話。以下概略。
『先生「パシフィック・リム」観に行きましょう!』
『えー!?もう予約済み?今日くらいしかない?お忙しいんすか』
『じゃあ“これから”川崎に行きませんか?IMAXで観ましょう!』

その時午後6時半、ここは大泉学園、上映は午後9時のレイトショー、場所は川崎。


行きましたよ、川崎まで。
予約キャンセルして。やれやれ。

さて、そんな(どんな)「パシフィック・リム」、お腹いっぱいです。
全編に散乱する“コレジャナイ”感(笑)と、それ以上の“これが観られた!”感が連続して押し寄せる怒涛の2時間半。
ストーリーはあってなきが如し、怪獣と巨大ロボのバトルが全て、ドッカンとガッチャン、そんな愛すべきバカ映画です。

一方の日本では、予算の問題、それ以上に“ミニチュア着ぐるみ派”vs“CG派”という不毛なファン(制作側もか)の対立が未だにありグダグダです。
そもそもが巨大特撮自体が特殊ジャンルで、客入りも見込めないのが現状なので、この「パシフィック・リム」も大作の割には…なことになるのでしょう。
到底このレベルには追いつけないのでしょうね(追いつく必要もない!なんて意見すら…/苦笑)。

それにしても、と話を戻しますが。
20代ならいざ知らず、まさかこの歳になって“突然呼び出されて遠出する”体験をすることになろうとは…(苦笑)。
O野氏…恐ろしい子…。

あ、タイトルはテーマ曲です(雑)。
劇伴好きとしては、この作曲家さんは「アイアンマン」のテーマがツボでしたが、これもよく似てますねー。うん、サントラ買うっす。

…さて。

午前4時48分

1〜2巻発売中

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

ピックアップ

Kindle本出した!

旧作配信中!